GYRO slalom Japan

最高級のスラローム用インラインスケート関連製品


Skill習得の為の練習

   


自分がよく遊ぶ2人のお友達がいるのですが、練習に対する考えが
全く違うのが面白い。
一人は自分のやりたいSkillを完成させてから次に進むタイプ
もう一人は色々なSkillを同時期に試し、一緒に練習するタイプ。
どちらが正解?
楽しみ方の違いなので正解はないと思います。
でももし、決められた期日までに完成させたいのなら効率よく
進めなければいけませんよね。
自分は大会に参加していた頃、次のようなことをしていました。
 ①修得したい技を要素Skillに分解する。
 ②要素Skilを試してみて自分の不足Skillを探す。
 ③不足Skillの練習と修得したいSkillの練習計画を立てる。
 ④練習する。
①②について少し具体的に書きます。
要素Skillに分解する作業はそれ程難しくはありません。
 習得したい技がどのSkillの組み合わせでできているのかを考えればOKです。
 例えばワイパ-に必要な要素Skillであれば自分は以下のように考えています。
 ・ワイパ-=シザ-ズ+八の字+Vの字+ジャンプ+ワンフット+(回転)
次に練習ですが、自分的には2つのポイントがあります。
 ・修得したいSkillを行う上で、自分の考える理想とする形の要素Skillの形がを
  考えながら練習すること。
・足りない要素Skillが複数の場合は、これらを一緒に練習していくこと。
もし今、修得したいSkillがあるのに全く進歩が見られない人が居たら
試してみてください。
と、偉そうに書いてみましたが
この考え方はまだ自分がトリスラに取り組んでいたころに先輩スケ-タ-から
教わったこと。
ということで、Skillの習得にはたくさんの方との情報交換は非常に大事な要素ですね。
The following two tabs change content below.
佐藤 厳

佐藤 厳

2014年にGYRO slalom Japanとライダー契約。 / 2014年光が丘Cup 「Free Style Slalom 部門」準優勝 / 2014年光が丘Cup 「FSSバトル部門」優勝ほか
佐藤 厳

最新記事 by 佐藤 厳 (全て見る)

 - ライダーブログ