GYRO slalom Japan

最高級のスラローム用インラインスケート関連製品


練習方法について

   


今日はお休み♪

朝からパン屋さんに駆け込んで大好きなパンを買って、ゆっくり朝食とって

お昼頃 林村公園 に。

日本では光が丘Cupが開催されているのですが、こちらではHPすら見えれない(T T)

でもきっと今年もよい大会になったんだろうなぁ。

 

さて、今日は新しい方と友達になりました。

まだFSS始めたばかりの24歳伸び盛りの青年。

良いね~。

この方に色々教えているうちに少し練習方法について考えてみた。

結論を簡単に言えば、「良い経験(出来た体験)」や「必要な経験」の積み重ねがあるレベルに達すると

目的のものが出来るんだろうな・・・ということ。

失敗するのでも、良い経験を積み重ねられるのであれば修得につながり

逆に成功するのでも、良い系経験の積み重ねにならないのであれば修得につながらない。

早く上達するためには、自分の不足している部分を指摘してくれるような、良い師につくことは近道なんだと思う。

とはいっても師なんてなかなかいませんよね。

でも、自分の覚えるべき動作の要素動作を分析すると、意外と自分に足りないものが見えてくる。

「動作の要素作業の例」

X(エックス)→ハの字シザ-ズ+V字シザ-ズ+旋回運動

そうして自分が理想とする形をイメ-ジできる程度の技まで落とし込んで練習すると

糸口が見えてくるかも。

・・・・・見えてこないかも?

The following two tabs change content below.
佐藤 厳

佐藤 厳

2014年にGYRO slalom Japanとライダー契約。 / 2014年光が丘Cup 「Free Style Slalom 部門」準優勝 / 2014年光が丘Cup 「FSSバトル部門」優勝ほか
佐藤 厳

最新記事 by 佐藤 厳 (全て見る)

 - ライダーブログ